住宅を快適に利用するための様々なポイントを知る

修理の専門家

家具修理の価格はどこまで直すかで決まります

インテリアの主要アイテムである家具ですが、長年使ってくるとどうしてもガタやキズ、色焼けなど不都合な部分がでてきます。そのような場合、家具修理するより廃棄処分して新しく買い換えた方がいいのか、という問題があります。 カラーボックスのような今出来の安価な家具は買い換えた方がお得ですが、愛着のある家具や高価な材料で出来た家具は家具修理して使いたいものです。 家具修理の相場は、直す家具の大きさや形状、無垢仕上げか塗装仕上げか、現状及びどこまで直すかなど、家具の内容によって変わってくるものです。ですから一概に価格は出せないものですが、単純な作業である扉の丁番の交換などは、新品の丁番の代金プラス作業料、現場までの交通費などを入れても数千円から1万円以内に納まると思われます。 反対に漆で仕上げてある高級家具の修理などは、漆塗りを専門の漆職人に依頼することになるので価格もそれにプラスされるため、数十万円になります。家具修理を考えているのであれば一度見積りを出してもらって納得してからが良いでしょう。

家具修理とは

家具修理にまつわる話題が沸騰しているのは、家具修理に興味を持つ人の数が増加しているということをあらわしています。 家具は、家屋の中においては、生活必需品としての役割をになうほかにも、その風景に溶け込んでいるという意見を持つ人も多いとされています。昨今においては、リーズナブルな価格の家具がもてはやされており、老舗の家具販売店においては、その経営戦略の改革が求められるといったケースが増えてきています。 一方において、家具修理を手掛ける業者においては、その需要の旺盛さに東奔西走しているとされています。このところのdiyブームによって、自分自身で修理を試みるといった人も多くいるのは事実でありますが、結局のところは、家具修理のプロにお願いするというケースも増えています。

↑ PAGE TOP